通販でロゼワインを購入するときの選び方と楽しみ方

同じピンク色の食材と合わせてみることをお勧めします

通販で購入するときの選び方は、やはり色合いに注目ロゼの女王ともよばれているタヴェル同じピンク色の食材と合わせてみることをお勧めします

液体は適度に色づいて、皮の渋みも多少残るのが特徴です。
直接圧搾法は、黒ブドウを圧縮して、果汁だけを発酵させて醸造する製法です。
セニエ法よりも色付きが薄く、ときには灰色ともよばれています。
ホワイト・ジンファンデルがこの製法に当たります。
三つ目の混醸法は、発酵前に黒ブドウと白ブドウの果汁をブレンドして一緒に混醸する方法です。
このように作り方だけでもさまざまな違いがあるので、覚えておきましょう。
様々な特徴を持つことがわかりましたが、もっと楽しむためのコツもあります。
選び方がわかったら、自由に楽しく味わっていきましょう。
まず第一にワインはよく冷やしておきます。
ロゼワインの魅力はカジュアルさともいえるので、グラスは何を選んでも問題なく、ワインといえば足の高いグラスを思い浮かべる人がいるかもしれませんが、なくても特に問題はありません。
普段から使っているグラスや、お気に入りのタンブラーなど、気軽に楽しんでみるのもよいでしょう。
作法を気にしなくてもよいので、アウトドアや少しの休憩などでも楽しむことができます。
そして甘口を選んで氷を入れてロックにしたり、ソーダで割ってハイボール風にすることにより、カクテルのような感覚で楽しむこともできます。
アルコールの度数も下がるので、まだ飲み慣れていない人にもお薦めのスタイルと言えるでしょう。
場合によっては合わせる料理を迷ってしまうこともあるかもしれません。
このようなときには、同じピンク色の食材と合わせてみることをお勧めします。
スモークサーモンやエビ、ベーコンやハムなどは定番の組合せとも言えます。
お肉でも豚肉や鶏肉などのように、ピンク色を感じるものの方が合わせやすいので、頭の片隅に置いておくとよいでしょう。
明るく華やかで可愛らしい色合いを目で見ながら、料理と合わせて味わいを楽しみましょう。